永遠の0 百田尚樹

零戦、特攻ものです。

今までの零戦特攻ものと違う切り口なのがよかったです

「天皇陛下のため、お国のためなんて、本気で考えて戦ってた奴は1人もいないんじゃないか」(そんなこともないと思いますが)

あえてこう言い切っているこの一文に百田さんの戦争観があらわれていると思います。

今までの戦争観では「天皇陛下のため、お国のために戦うのがあたりまえ」

という軍国主義的マインドコントロールされた日本国民の戦争気運が高まり戦争突入し、

特攻を扱う話しではだいたい

平和主義の主人公が赤紙もらって徴兵され、

配属先でもなんとか平和的に過ごし、生きて帰りたいと奔走するも

上記の軍国主義気運に押され、

最後は腹をくくり勇ましく特攻に出て。散る。といった

軍国主義気運の被害者として主人公が描かれる事が多いですが。

対して本作品の主人公宮部久蔵は志願して軍に入ります。

戦闘機乗りとして真珠湾からミッドウェー、ラバウルと数々の激戦地を生き残ります。

孫が久蔵の戦友から話を聞いてまわる形式で話しがすすみます。

あるものは凄腕の戦闘機乗りだったと称賛します

あるものは仲間が必死に戦っている中一人で戦闘領域から大きく離脱しゆうゆう見物している卑怯者だと罵倒します。

結婚したばかりの妻を残してきて、必ず生きて帰ると約束している

というよくある特攻もののエピソードもありますが

その話をされた部下が「毎日、同じ釜の飯を食べた仲間が死んでいるというのに、あんなこと言う感覚はどうも信じられない」と表現したところは

新鮮でしたし、なるほどと思いました。

今までなら軍国主義の上官に「非国民が!!」となじられるところです

ここも本作が他の特攻ものと違う切り口なところです

「生きて帰りたい」という主人公が普通で「非国民が!!」となじる上官が狂ってると描かれていたのが

「毎日同じ釜の飯・・省略・・」と言われれば狂ってるのは主人公となるわけで、

これはかなり画期的です。

かくして後半は

戦闘機乗りの指導教官となり、若者たちを先に特攻に送り出し

自分だけのうのうと生き残る事に苦しみ

別に行かなくてもすんだものを

最後は志願して特攻に出て。散る。

という話しです。

要するに自分の美学というか、プライドというか、信念、正義、うまい表現が見つかりませんがそういうものに突き動かされたと描いているんです。

映画では岡田くんがそれをカッコ良く演じ、一部では戦争賛美と批判的に思われているようですが

別に岡田くんが特別カッコいいわけではなく

今の日本人の誰しもが普通に持っている感覚が

戦争の原動力になりえるという、警鐘を描いているのではないでしょうか。

これを読んだ5~6年前僕は会社に勤めていて、職場の人間関係がうまくいってませんでした。正直退社も辞さないというマインドだったなか、毎日通勤ラッシュの電車に揺られながら8時半に出社していたのですが「なぜ自分はこうにちゃんと出社時間を守るのか不思議に思った事がありました」

職場の仲間に迷惑をかけたくないなんてさらさら思ってません。

人間関係最悪でしたから。

お客さんに迷惑をかけたくないというのはちょっとありました

でも一番は自分自身の美学のためです。「人間関係がうまくいってないからといって遅刻やずる休みを繰り返すような奴にはなりたくない」という

そういう時だったから、このような捉え方をしたのかもしれませんが

例えばサッカーの試合のメンバーになったなら、相手チームに恨みはなくても、自分のチームメイトとたいして仲良くなくても、与えられたポジションの責任を果たそうとするんじゃないでしょうか。誰しも。

そんな感覚です。

それが戦争の原動力になりうるというのです。

別に軍国主義のマインドコントロールがなくても戦争は起こるのです。

ほんのちょっとのきっかけで

という事を感じたのでした。

例えば戦争はいけない事と誰もが言いますが

尖閣、竹島、北朝鮮問題を語るととたんに好戦的になったりしてませんか?

焼き鳥 侍Ownd

横浜中華街にある焼き鳥屋です 営業時間 18:00~24:00(Lo23:00) (045)323-9120 定休日 月曜日 横浜市中区山下町214-1思明楼ビル2F

0コメント

  • 1000 / 1000