「ポンダンポンダン王様の恋」韓国ドラマ

いやあ、キュンキュンものですな。

おじさんには眩しすぎて、「おおおお!!」と思わず目を塞いじゃいましたよ。

ツッコミどころも満載でしたね。

「え!!サッカーコート!?しょうめいつき?!」

パソコンでイヤホンして見てたんですけど、一人でブツブツ、キャーキャー言ってたんでしょう。ふと気付くと、妻が痛々しい目で一瞥してましたよ。

さておき──

一言でいえばタイムスリップ、恋愛青春ものです。

2話完結の日本で言えば2時間スペシャルドラマといったところでしょうか。

潔いキュンキュンラブストーリーに青春の王道的テーマをのせて、短い時間で爽やかに描いているところが好評価につながっているのだと思いました。

「自分の居場所とは───」

「生きる意味とは───」

なんて事を、今まさに思い悩む若い人には、一つの道しるべとなるでしょう。

かつて、そんな事もあったかなー、という大人には、ありし日の思い出がキラキラとよみがえるのではないでしょうか。

いや、若いか、大人かなんて関係ないですね。

僕自身は実はこの手の事、昔からほとんど悩んだ事ないたちでして

人はなんのために生まれてくるのか=何のためもくそもない。父と母が×××したから。

生きる意味とは=そんなものない。死にたくないし、生まれたからには死ぬまで一生懸命生きるだけ。

と、中・高生の頃からずっと思っていたので。

こういう事、一般的な人は、思い悩み生きてるんだろうなとは分かるんですが、自分自身で切実に思った事はなくて・・・感動、共感とはいきませんでした。

ただ、余計な事を潔く切り捨てて、シンプルに見た人を楽しませようという、スタッフ、キャストの熱い想いが伝わってきました。きっとそこが、単に主人公二人のキュンキュンな演技だけでなく作品全体としてキラキラと眩しく見えたんでしょう。

しかし、

筋金入りの歴史物ファンはお怒りになるかもしれませんね、これ。

僕は微笑ましくツッコミながら見れましたけど・・。

焼き鳥 侍Ownd

横浜中華街にある焼き鳥屋です 営業時間 18:00~24:00(Lo23:00) (045)323-9120 定休日 月曜日 横浜市中区山下町214-1思明楼ビル2F

0コメント

  • 1000 / 1000